「 porter ~旅するひとびと」

いつか見た風景、これから出会うひとびと ゆるゆると溶けていく時間 [DISH]プロデュースがお贈りする「旅」をテーマにした小品集 の稽古場日記です。 みなさまに出会うまでの、私たちの旅の記録をお楽しみください。

DSC_0303

最近「身をもって知る」…学びの多い宮元です。
こんにちは。
「強くなければ生きていけない。やさしくなければ生きている資格がない」
なんか、そんな感じのセリフを言っていたのは、
ハンフリー・ボガードがいらないもの屋さんのオヤジさんか。

奥列、右よりのオレンジ色のTシャツ君は
船越大士郎ことニャンチュウもしくはモモンガです。

「見ようによってはイケメン」です。

いや~~~~~~。
手のかかり具合と天然さ加減が、勝浦大先生とゆかと麻衣子を足して、
さらに3倍した感じでした。
大爆笑。

「学校で教わらなかったものしかなかったです…」

……だよね。なんか…ごめんねー。
んでもって、このやり方はここでしか通用しないので、
(大士郎は、芸優座に就職が決まっておりまする)
芸優座に行ったら、全部忘れた方が良いよ。

「えええっ!?」

大爆笑再び。

おおざっぱなくせに、ガラス細工。
真面目なのに天然。

「答え」は、その瞬間にしか存在しない。
DISHでは、そう教えてしまいます。

難しいことを求めてしまったけど、
大士郎は、理解してくれたように思います。
できるかできないかより、まずは、やるかやらないか。
劇場には、ちゃんと、やり始めた大士郎がいました。


白髪の老婆。温泉旅館「門星」の半被を来ているのは
砂かけばばあ…もとい…斉藤麻英子ことまえこ

急遽、金曜日と日曜日の2日間だけ登場。
自由すぎる…。
あ、存在がです。

サービス精神が半端ない。
アピール具合も半端ない。
みんな!!まずは、ここを目指して欲しいっす。

ひと晩で、「エイ」のかぶりものを勝手に作成してくる。
なのに、ちゃんと衣装さんから
「エイ」へのダメ出しとアドバイスを取りつける。
お客さまに楽しんでいただきたい一心で。

ひと晩で、衣装をそろえてくる。
「ここも出ていいですか?」
「ん?いいよ」
ぶっこみ具合が想像を上回る。

ひと晩で、セリフを入れてくる。
夜中に電話して
「あのシーン、明日までに覚えてきて」
「わかりました」
男らしい!!

しかも全部、オリジナリティーの裏付けがある。
自分の武器になるものへの「努力」が半端ない。
「自信」は努力の上に成り立つものなんだと思う。

最近のDISHでは、役者リーダー&プロデューサー的なポジション
(本当は甘えん坊のさみしがり君ですよ)

まえこが後説で、「次回はミュージカルです」と言っちゃった。
客席で聞いていた私も「ミュージカル!?」と思っちゃった。

てなわけで、後説では「OUTLET LAND(仮)」というタイトルでお話ししていたのですが
「JOKERS」に変わりまして
なんちゃってミュージカル仕立て……
いやいや、
なんちゃってミュージカル≪風味!!≫……程度の代物にしようと思います!!

みやもとでした。

DSC_0303

ども!宮元です。
ちょびっと待ってたら、ゲネプロ写真が上がってきたりして~~~
とか思っておりましたが、集合写真、載せちゃいます。

奥の左手に見えますのが、遠近法を無視する巨体
吉田潔ことけっちゃん。

倬ちゃんが、モザイクアートで繊細で細かい小道具を作成しておりますが、
けっちゃんは、段ボールアートで大胆不敵な、もはや中(ちゅう)道具を作成して
くれております。
てか、気がつくとたいてい「でかっ!!」ってなってて
でかいのに、細部にこだわり、色づけにこだわるので、
稽古後も居残って切ったり貼ったり「守ったり」しています。
守るというのは、狭い稽古場で一斉に作業しているので
ぶつかったり重なったり、押しやられたりしちゃうからです。

倬「ちょっと~、それ、どこに(舞台袖の)置く気ですか?」
けつ「わかんねー」
倬「スペース、考えて作ってくださいよ」
けつ「だね。けど、もう遅いのだー」
恵理「それ、袖からの出ハケ大丈夫なの?着替えとかさ」
けつ「えっ。……なんとかなるかな……」
倬「考えて作れよ」

いい大人なんです。
いい大人が夢中になり、こだわる。
もはや、先輩の背中を見て学べ!の時代ではなくなりましたが
この人の背中をいつか思い出して欲しいと思います。

良かったー。
顔合わせの日に電話して陥れて~~~。


けっちゃんの隣り、チェックのシャツが
寺嶋椰穂ことやつほ。

前回公演で、ダンサーとして連れて来られたのに
ガチお芝居をさせられている若手女子。
お父さんに
「DISHをやるならこれを観ろ」
と、吉本新喜劇のビデオを渡され
お父さんに
「DISHをやるならこれを読め」
と、ガラスの仮面≪全巻≫をそろえられちゃったがために
逃げられなくなったっぽい女子でもあります。

まったくお芝居をやったことのなかった女の子が
放り込まれてしもうた。
まだまだです。まだまだですが、これからです。
ふにゃっとしてるのに、根性あります。

私は、鉄壁よりも竹垣の方が好きです。
何のこっちゃ。
えーと、固いものより、しなるものが好きってことです。
自分の力を利用して、跳ね返してくるひと。
けっして折れず、ぎりぎりまでしなって「びゅん」と戻ってくる感じ。

もっかの我々の任務は、
やつほに、踊ってる時と同じくらいの自信を持たせる
ことなんだと思います。
時間をかけても良いと思える。
課外授業するぞー。やつほー!!


その右側。白いTシャツが
藤澤龍太郎ことりゅーちゃん。

15~6年ぶりの舞台出演。
東大出のエリートサラリーマンですが、しょぼくれ具合が最高っす。
リストラされたサラリーマン役……。
あなた以外にやれる人がおりませんでしたー。

「とりあえず、安全確認のために段差を確認しながら軽く動いてみましょう」
「はい!」
「じゃ、スタート」
「ストッーーーーープ!!」
「え~~~~っ!もう!?」

早すぎる。早すぎるよ。りゅーちゃんの流血。
2番目くらいに大人だよね。
ものすごく笑ってごめん。

止められない暴走機関車でもありますが
この人は、ものすごく勉強してくる。
そして謙虚。

驕ることなく、若いひとたちにも
「これわからん。教えて~」と質問したりしている。
でいて、「僕が若い子たちの良いところをひっぱりだしてあげなきゃね!」
とかメールしてくる。
ブランクとか、どうでもいい。
ハートだ。ハート。

みやもとでした。

DSC_0371

お札を納めに行ってきました。
「一語一笑」
「波乱万歳」

さすがに、「波乱万歳」は、書いていただけないのでは!?
という意見もありましたが、
社務所が閉まる直前に飛び込み、
「これはちょっと~」と言わせる隙を与えず
うやむやに書いていただいたんだそうです。
(玄順ありがっつ!)

場あたりですらない、うろうろ稽古のしょっぱなで、
すでに龍ちゃんがケガをしてしまっていたので
もはや「安全」を願うには、時すでに遅く…。
満を持しての
「波乱万歳」

今回、
≪DISH初!!出演者が減る!!≫
という出来事もありました。
公演1週間前あたりに2人~。

世の中、いろんな事情に満ち溢れているのだなーと学習。

が、どんな時でも何があっても、
お客さまには
「今、観ていただいているものがすべて」
なんだとあらためて認識。

ひと言ひと言を大切に
ただただ笑って帰っていただけるようなものを創る。
「一語一笑」

もっとでした。
いろんなものが全然足りてなかった。

おっ、意外と真面目になっちゃった。
ブログは、もう少しだけ続きます。

今日のみやもとでした。

このページのトップヘ